暴走がとまらない

  今度は共謀罪(テロ等準備罪などと名前だけ変えてるけど)。内心まで取り締まれる法律だか ら、心の中で「共謀  罪をぶっ壊してやろう」と思っただけでも、しょっ引くことのできる法律。その運用は権力者や警察組織が解 釈するら しいから、みんな萎縮しますわな。これって思想統制でしょ。普通の何でもない人も常に監視されることになるそうな。 あな恐ろしや

  森友学園問題はいつの間にかうやむやに、稲田防衛大臣、金田法務大臣、今村復興相大臣、その他もろもろのお 偉方の暴言、無責任体質はあきれるばかりだけど、さすが阿倍一強体制。何も声があがらない。支持率も下がらない 阿倍内閣を支持する日本人の感覚はいったいどうなってんのかな。
 よく言われるけど、頼りになる野党がいないからという理由は理由にならない。阿倍内閣が少しでもおかしな体質を抱 えていることに気づく力のある日本人なら、黙っている(消極的な支持)ではなく、支持しないとはっきりいうべきじゃな いのかな。そうすれば、野党ではなくても、今はすっかり陰を潜めてしまったようにみえる、自民党内のリベラル派を活 気づけることができるのではないかしら。阿倍一強でどんなことをやってもOKの現状は非常に危険ですよ。

  北朝鮮の例の宣伝アナウンサー?おばはんの物言いは滑稽なお笑いですが、日本のマスコミでは今にもミサイルが 日本に飛 んでくるように喧伝されてます。金正恩体制はとんでもないものであることは確かだと思うけど、日本だけが 大騒ぎして(させら れて)いる感じがしますな。阿倍さんお得意の、米軍とがっちりスクラムくんで対応に当たる、危機 体制に即応するという雰囲気 づくりが国民に受けてます。しかしですよ、それほどの危機的状況であるにしては、平  気で日本海側の多くの原発を再稼働させようとしているのはなぜでしょう?(原発がミサイル攻撃を受けたらどうな る か福島どころの騒ぎではなくなるだろうに)
 阿倍さんと同じように威勢のいい仲良しトランプさんが北朝鮮の軍事施設に万一攻撃を仕掛けたら、在日米軍基地へ の報復攻撃は免れないですよね。お得意の、飛来するミサイルを打ち落とすという装備に莫大な費用をかけても、全  部が打ち落とせるわけはないでしょう。想像を絶する被害、死傷者が(米国ではなくて)韓国・日本にでることは容易に 想像できますよね。

  今後も北朝鮮は自国防衛のためにと核ミサイルを増やそうとするでしょう。だから日本も更に米軍の武器を買いまし ょう・・核兵器も作りましょうてか?軍拡競争だよな。でも北朝鮮もなんのかんの言うけれど、本心は戦争をしたがって いるはずはない。なぜなら戦争を始めたら金体制が一瞬にして崩壊することは自明であり、金正恩はそれをもっとも恐 れているでしょう。北朝鮮からみれば周辺諸国の動きが金体制への脅威と感じているでしょう。だから、日本もいたづ らに北朝鮮の脅威を煽るのではなく、北朝鮮がもっとも忌み嫌う米国のポチになるのでもなく、平和憲法を持つ国とし て北朝鮮の体制への脅威にはならないという姿勢を全面に押し出して、朝鮮半島の平和のために外交面でもっともっ と努力をすべきだと思ういますね。でも憲法九条を目の敵にする阿倍さんは日本の軍事大国化への夢があるようなの で、そういった平和外交は無理でしょうね。暴走はだれにもとめられなーい!(2017.5.7)


★ 南沙諸島の広範な海域を自国の領土・領海だと主張する中国の一方的な言動に、フィリピン政府が提訴していたオ  ランダのハーグの仲裁裁判所が、南沙諸島を領土とするという中国の主張は根拠がないと切り捨てた。至極当然の  ことと思う。しかしこれに対して中国政府指導者は、この判決を紙くずだと反発。あーあ、お粗末さ、その品格のなさ  に開いた口がふさがらない。このような指導者に率いられる中国という国は、とても大国という名には値しない。
  (28年7月18日)

★ 原発再稼働・原発と武器の輸出・公共事業のばらまき・法人税の軽減・・・、大企業が儲かれば、中小企業もおこぼ   れにあずかるという幻想を振りまきながら高支持率を維持する安倍さん。
    一方で、十分な審議もしないまま、戦後日本の根本的体制をひっくり返す安保法制を強行採決した。
   その成立過程は、民主主義にまったく反すると思う。そして安保法制自体の違憲性も大多数の憲法学者が指摘す   るとおり。
   そして言論統制も着々と進む。S新聞、Y新聞などの政権宣伝メディアを活用しながら、政権に批判的なA新聞、     M新聞などを”偏向だ”と決めつけて攻撃する。攻撃を受けた側のメディアは圧倒的権力者の前に萎縮し、担当者   を交替させる・・・・こんなことってーあり、か?
   だんだん日本から自由にものが言える雰囲気が失われつつあるような。
   あなた、まさか、もしかしてお隣の中国や北朝鮮みたいに日本をしたいの?
   
   でも、万一中国が尖閣諸島でおかしな行動に出たときはどうするのって?そんなのに安保法制なんか必要はない
   個別的自衛権で対応できますって。安保法制は外国で自衛隊が戦争できるようにするための法律ですよ。
   さてさて阿倍さん、次はいよいよ念願の憲法九条改訂だね・・・。アメリカと共同して戦うかっこいい日本軍!!
   (28年1月11日)


★ 最近の日本の空気は急激に変化しているように思える。違憲状態の選挙制度の上に、本音を隠した選挙、野党
 のふがいなさなどで、圧倒的多数を得た政権が、最近とみに、おかしな動きをしているように思えます。

   自分の考えにそぐわないことを伝える報道を批判し、どういうことだ説明しろと呼びつける。
  国会で報道への介入だと批判された阿倍さんは、(報道を批判するのは)「言論の自由」だと国会で答弁したそうで   すが、全くおかしなことです。
   そもそも「言論の自由」とは、権力を持つものが批判的な言論を封殺しようとするのを許さないために規定された
  個人のもつ権利です。それを圧倒的に権力をもつ者が振りかざすというのはどういうことかわからないのか?

   また、国会で審議さえも始まっていないことを、アメリカ大統領に「成立させます」とお約束されましたが。
  徹底的な国会軽視・・・・・この政権のもとで、日本の民主主義はもはや死に体のように思います。

  しかしこの件で世論の反応が乏しいのはさすがかも。恣意的に作り出された無関心層と上手な世論操作、
  あめにばかりむらがって、背後のむちに気づかない人たち・・
  
  クラクションをならし、アクセル全開で突っ走るブレーキのない車。止めようとするものはひき殺されてもしらないよー。
  あなたは自分だけが正義とおもっておられるのですか?


認識不足でした(27.4.2)

  下記の件、頭にきて、支払基金本部に苦情申し立てしたところ、3月末に長崎の支払基金、審査担当の方から、   『こちらの認識不足でした。復活(申し立てを認める)にしたいと思いますので、また再審査請求を出して下さい』
 との旨の電話がありました。

  復活は当たり前ですが、審査員の方から謝罪の電話があったこと自体は評価できると思います。長崎県ではまだ審 査委員の良心は死んでいないようです。



原審通り(27.3.15)

 煎じ薬の生薬処方量について下記のように支払基金からのお返事がありました。

  結果:「原審通り」
  理由:漢方薬の多剤投与については原則2剤まで認め用量は15gまで認める(国保との審査研究会での会議決定)


 漢方薬(エキスもふくめ)とは2種以上の多くの生薬を組合せ、ほとんどは15g以上の生薬量を使います。

 残念ながら担当審査員の方は、「生薬」と「漢方薬」の区別がついておられないようです。


診療報酬レセプト審査査定!(26.12.21)

 診療報酬という言葉を聞いたことがありますか。私たち保険医療機関は患者さんを診察して治療を行ない、一部
(3割の方が多いです)を患者さんからいただいてその残り(7割が多い)を診療報酬請求レセプトという形にして
翌月10日までに国保連合会や社会保険支払基金というところに請求するわけです。そこで正しい請求がなされて
いるかを上記の役所で審査するわけですが、最近漢方に対し、非常識としかいえない査定が横行し始めました。

 長崎県の場合、今まで、漢方エキス製剤は合計15gまで認めるということになっていました。この15gという規定は、
漢方大手のツムラの一日量7.5gを参考にして満量なら2剤までという意味です。ところがメーカーにより一日満量
が異なるため2剤でも15gを超す場合は当然あって、そのことにいちゃもんをつけるような審査員は皆無でした。

ところが平成26年の秋ころより、メーカーによる一日量が異なることをご存じない(=漢方に対して全く無知の)
方が審査をなさるようになったようで、メーカーにかかわらず15gに減量指定してくるようになったのです。
 例えば 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)と疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)を出したとします。
ツムラというメーカーではそれぞれ7.5gが一日量ですから合計15gです。ところが大杉というメーカーではそれぞれが
12gですので両者を出すと24gです。2剤ですから認められるはずですしツムラよりも薬価は安い。なのに、補中益気湯3gしか認められないと・・。24gー15g=9gが過剰投与だから、補中益気湯9g×処方日数分の薬代は、あなたのクリニックに支払う分からさし引きますと。なぜ補中益気湯を切るのかというとそちらの方が薬価が高いかららしい・・・。

また煎じ薬に対してもおかしな査定を始めました。(今までは総量50gまでは認めるということでしたが。)

 例えば、辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)という薬は
 石膏5g、麦門冬5g、黄ごん3g、山し子3g、知母3g、百合3g、辛夷2g、枇杷葉2g、升麻1gからなっています。
合計すると27gです。これをなんと、石膏5g、黄ごん3g、百合3g、辛夷2g、枇杷葉2gだけを認める、他の生薬は
過剰だから認めないと言うのです。目を疑いました。認めてやると言われた生薬の組合せはいったい何を治療する
薬なのかさっぱりわからないものでした。
 後日ある薬局からの指摘で、審査員は煎じ薬とエキス剤を同じと考えて15gに削っているのだと気づきました。

 今回は、あまりにも非常識な査定で、単なる無知によるものだとは思うのですが、以前からたびたび上がってくる漢方
の保険外しをもくろむ勢力とぐるになった動きであれば恐ろしい話です。

漢方に関しては、これ以外にもあきれた、おかしな査定が非常に多く見られるようになっています。
 当然再審査請求を提出していますが、万一正当な理由もつけず「原審通り」としてきた時には起訴も辞さないつもりです。

近平ちゃんへ

 このところの君の国の言動にはほんまにうんざりさせられることが多いよ。
尖閣、南沙諸島などのわがままかってな主張・振る舞いは、とても国際的な道義をわきまえた国家とは思えない。 
人権の抑圧など政府に対する不満をそらすためにあえて外に敵を作るのは狡猾な政治家がよくやる常套手段
だがあまりにもおそ松くんだ。大国とはとてもいえない、精神的小国だぜ。
 近平ちゃんよ、君の率いる中国の行動は、一連のめちゃくちゃな方法で憲法破壊を企てるあべちゃんの暴走
を必死になって止めようとしている、日本の良識ある人たちにつばを吐きかけるようなものですぜ。
 ええ加減にせんと、集団的自衛権とやらで、アメリカと一緒になって君の国へ自衛隊が出かけていって、日本人
と中国人が殺し合いすることになるかもしれませんで。ええ加減で目さましや(26.6)

バックアップはこまめにしましょう

 平成26年2月10日恐れていたことが起きた!
仕事中に、重量物がパソコンのキーボードの上にドーンと落下・・・。
ため込んでいたたくさんのデータがすべてなくなってしまいまった・・
エクセル・ワード・パワーポイント・一太郎、住所録、公的提出文書、その他の重要な記録が全て消失!
結局、データを取り出すことができず、大打撃でした。
 「想定外」の災難は必ずやってくる!めったにないだろうと高をくくっていただけだった・・・
皆さんも気をつけてぇー!

なんでだろ?

 平成25年12月、特定○○保護法が成立しました。数々の問題をはらむ法で多くの識者が反対する中
での成立でした。この法が必要か危険なのか、中身がなんなのか、私のような一般人にはわかりません。
でも、その成立の過程には 一般人の私でさえも あきれかえりました。
ほとんど審議されないまま強行採決。まれにみるスピード採決、とても急いで決めてました。

  なんでそんなに急ぐんだろう・・・

 でも政権党の方々のお立場に立ってみるとお急ぎのお気持ちはわからないでもありませんね。
もし時間をかけて議論すれば、この法律の中身が一般人に知れてしまうかもしれませんものね。
そしたらまずい・・?、いやいやまさかそんなね・・・?  ご苦労お察しいたします。

ところで・・エーっと、あのー・・デモはテロと同じですよね。 
 えっ? 違う? セッパさんかなんか偉い方がそう言ってたような?・・

えーっと・・なんだかわかりませんが、ともかく法にふれないように一般人も気を付けましょうね

それいけドンドン!

 中韓憎し、やっつけろ!軍備増強、武器輸出、既成事実積み上げて憎き九条ぶっ壊せ。
景気よくなりゃそれでよし。 原発動かせ、やれ輸出。反対するのはクズ野郎!
 わしらの考え正しいぞ、マスコミ統制指導やれ!マスコミ幹部も入れ替えろ
 それ行けドンドン今のうち。それ行けドンドンドンドン変えちまえ!
 あとは野となれ山となれ




独り言


クリニックの概要と外観

はじめて受診する方へ

診療時間・アクセス

駐車場について

院長紹介

漢方治療について

お知らせ(H30.7.15更新)

独り言